ホットヨガの特徴は汗の量

ヨガをする前に、湿度と温度の高い環境に体を置くだけで汗が噴き出してきます。その環境にいると、意外と自分の体が冷えているという事を実感します。
その環境に体を置くことで体を温めておいて、汗をかきやすい状態にしておくと効果が出やすいです。
体を十分に温めておいて、ヨガのポーズをとっていきますが、ポーズをとりながら呼吸をつづけます。その呼吸は深く、ゆっくりとしたもので、その呼吸を意識して行うだけでも運動になっているように実感します。
その呼吸の時には、自分がいかに普段日常生活を送っている時に浅い呼吸しかしていないかという事も実感できます。