やりすぎても逆効果

とにかく乾燥肌をケアしなければ、という意思のもとに徹底的にケアしはじめる時には、注意です。
その意志の固さはいいのですが、乾燥肌のケアは、やりすぎてもあまりよくないのです。
たとえば、しっかり洗顔しなければと思い、洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと、肌に必要な皮脂分まで洗い落としてしまいます。
その後は、またたっぷり水分を補給しなければと化粧水も美容液も乳液もたっぷりとつけてしまう。
さらに、クリームでマッサージと、ごしごしこすってしまう。
それで満足していては、実は肌ケアになるどころかかえって肌にすごく刺激を与えてしまっています。
マッサージも、ただごしごしこするのではなくて手で優しくなぞるといった程度で十分なのです。